• 文雄 富澤

【外反母趾】就活用、初めてパンプス

更新日:2021年10月30日

 毎年、夏が終わる頃から、就職活動で初めてパンプスを経験する就活女子に

ご来店いただいています。

初めてパンプスを履く


 お母様と一緒にご来店されたKちゃん。

Kちゃんの通学に履くローファーのインソールを製作させていただいたのは、

6年前。

 その成長ぶりに、感慨深い、靴おやじです。 そのKちゃんが、初めてパンプスを

就職活動のために履くことになりました。


就活の成功を祈り、精魂込めて製作させていただきました。


パンツスーツだから気になること。

 Kちゃんの外反母趾の症状は、パンプスを履くのには、かなりつらい状態です。

動きやすいパンツスーツスタイルは、足先しか見えないため、市販のパンプスではどうしても患部が目立ってしまうため、オーダーで、患部が目立たないパンプスをつくることになりました。


kちゃんのご希望に合う靴型を製作しました。

  • 足指の並び方から、爪先の形状がスクウェアタイプ

  • インソールが装着できる容積の確保

  • 足に負担がかかりにくいヒールの高さ

  • パンツスーツの裾から覗く爪先がキレイにすっきり見える


はじめて履くパンプスがつらいものにならないように、靴型製作は、慎重に行いました。


ベルト付きがベスト

外反母趾の患部に負担をかけないためには、 本当は、ベルト付きのデザインがベスト。

でも、やっぱり、プレーンタイプが履きたい。

少しでも、痛くなったり、つらくなったりするようだったら、ベルトをつけにくることをお約束いただいた上で、おつくりしました。プレーンパンプスには、最大の敵ともいえる外反母趾、そして初めてのパンプス。固くお約束をさせていただきました。

今のところ、無事に過ごしていただいているとのこと、ホッとしています。

就活で、初めてパンプスを履くという方へ

 学生時代は、ぶかぶかのローファーや、スニーカーで過ごされてこられた方。 その場合、プレーンパンプスは、とてもハードルが高いと思ってください。

 

足を覆う部分「靴のアッパー」の面積が、少ないほど、足への負担が大きくなります。

その負担を和らげるためには、ベルト付きのデザインを選ばれるのが無難です。


少し前から練習を!!

 就活は、とても、たくさん、いっぱい歩きます。履きなれた、スニーカーで歩いて、会社に着く前に履き替えていらっしゃる方もいらっしゃるとのこと。 パンプスで歩くのには、少しコツが必要です。そのコツをつかむために、就活前から、パンプスを履く練習をしてください。

パンプスは、サイズ選びがとても難しいので、足を計測して、アドバイスができるお店で買われることをお勧めします。特に、初めて履くパンプスを、思い込みで選ぶと、後々足に影響が出やすいので、足を計測して、アドバイスをしてもらってください。 もちろん、当工房でも、計測、相談をお受けしています。パンプスでの歩行アドバイスもさせていただいています。  ご購入後も、痛い、履きにくい、脱げてしまうなど、違和感やトラブルが発生したら、そのままにせず、当工房にご相談ください。調整、修理をさせていただきます。

お気軽に、お問合せくださいね。


参考価格と製作期間

  • 参考価格 ¥44,000 足の状態、材料によって価格が変わります。

  • 製作期間 6週間程度 プレーンパンプスは、仮合わせを数回行う場合がございます。

閲覧数:20回0件のコメント