• 文雄 富澤

【インソール】お仕事履きにもインソールおススメです。


靴のまち神戸・長田で靴職人として30数年。

足と靴に悩む妻の靴を作り続けたからこそわかる、足の痛みと、靴の大切さ

50歳を過ぎた靴職人の私も、靴はかっこよければいいと思ってました、

年齢と共に感じる、足腰の弱りと、頑張れない筋力。悔しいですね。


遊び靴なら、疲れたなーで終わるかもしれませんが、仕事中に履く靴は疲れたーでは

困りますね。


仕事靴はただでさえ、コストをかけないようにしてますが、疲れはコストアップ



整体院・マッサージ機・湿布・医療費など疲れはコストアップ




仕事靴は、重量物扱うところは”安全靴” 飲食店の厨房は”長靴””コックシューズ”



医療系のお仕事は”ナースシューズ” など 職場で決められた靴で仕事をしなければ

いけない事。足や身体に問題のない方から、疾患のある方まで同じ靴

そりゃ無理があります。


事務系の女性もどんな時もパンプスと同じですね。


足の疾患、外反母趾・扁平足などや、身体の問題、ひざの痛み、腰痛、肩こりなどは

年齢と共におきうる体の変化を筋力で受け止めれなくなってきます


当店のお客様からも、足の悩み、身体の悩みをお聞きします。

オーダーシューズの選択肢もありますが、製靴があるので通勤とお休みしか履けない

と言われます。


そのような方には、お家に帰ってからのケアサンダルか


仕事靴にインソールを提案させていただきます。

インソールの効果は別ブログにて書いてますので、ここでは書きませんが

通勤時、休日時に短時間インソールを使うより、毎日、毎日、長時間インソールを

使うほうが効果的です。もともと、仕事靴は足サイズより大きめの靴を

履かれていると思うので少しブカブカ(これが更に疲れを生みます)なので

インソールも余裕で入ると思います。


仕事中も足が楽々になると、仕事のパフォーマンスも更に上がると思います。

仕事中の疲れも軽減されるので、家に帰っても家事がはかどります。

なにより、整体院・マッサージ機・湿布・医療費がかなり軽減します。


一度仕事靴にインソールを検討してみては。

価格はオーダーインソール ¥15000 です。

靴はお使いの仕事靴をお持ちください。




閲覧数:38回0件のコメント